Piaget Society

極薄ムーブメントの技術

極薄ムーブメントはピアジェの文化と歴史の中核を成すものです。1950年代に始まるムーブメント9Pと12Pの伝説が、洗練と同時に機能性を追及する一連のキャリバーを生み出してきました。マニュファクチュールの驚異的な革新能力とユニークな極薄の実現が、ピアジェの特質を高め、時計技術の頂点に立たせたのです。

1957年に発表された手巻ムーブメント キャリバー9Pは技術革命を起こし、ピアジェの歴史の転機となりました。

12年間で30以上もの新しいムーブメントを発表してきたピアジェは、誰もが認める極薄ムーブメントの第一人者となりました。

1960年代以降、ピアジェはジュエリーウォッチのスペシャリストを目指してきました。

2010年、ピアジェは一度に2つの記録を樹立しました。自動巻ムーブメントと自動巻時計において世界最薄を実現したのです!

1960年、ピアジェは男性のお客様に向けて世界で最も薄い自動巻ムーブメント、キャリバー12Pを発表しました。

“Empreinte/フィンガープリント(指紋)”のコンセプトとたくさんの著名人の協力を得て、ピアジェにとって重要な意味を持つチャリティー事業に参加しています。

1998年、極薄ウォッチはアルゼンチンに広がる見事な高原に由来するAltiplanoと命名されました。

名声を馳せるキャリバー12Pの50周年を記念して、ピアジェはさらなる薄型化の限界に挑戦し、同時に2つの記録を樹立しました。