G0A39112 (49895)

Altiplano ウォッチ

ウォッチ G0A39112

¥ 3,888,000

Altiplano ウォッチ、38 mm。世界最薄手巻ウォッチ(厚さ3.65 mm)。18Kホワイトゴールド製ケースにブリリアントカットダイヤモンド78個(約0.7カラット)。900Pピアジェ自社製極薄手巻ムーブメント。

ホワイトゴールド製極薄機械式ウォッチ - ピアジェの高級時計 G0A39112
ホワイトゴールド製極薄機械式ウォッチ - ピアジェの高級時計 G0A39112

Altiplano ウォッチ

ムーブメントでもなく、ケースでもない。その両方を一度に取り入れたのが、世界最薄機械式ウォッチAltiplano 38mm 900Pです。手巻ムーブメントにケースを一体化させることで、ひとつの単位として設計し、厚さわずか3.65mmという新記録の薄さを達成しました。ピアジェが君臨する極薄時計製造の分野において、半世紀以上にもわたって刻まれてきた優れた技巧の中でも最高の功績となったこのラグジュアリーウォッチは、メゾンの持つふたつの一体型マニュファクチュールの卓越性を証明します。時計職人、ケースの製造職人、そしてデザイナーの技術が集結するその場所で、信頼と精度を確証するこのマスターピースに命が吹き込まれました。 それにもかかわらず、この究極の薄さの真の秘密は、ケース自体の構造、すなわち地板の機能を果たすケースバックにあります。キャリバーとケースを一体化したことから、機械部品の収納はケースバックから直接ケースに機械加工を施して行われました。こうした非常に複雑な構造から、文字盤側に受けを配置するために、ムーブメントの構造を反転させる必要がありました。そしてそれは、受けを可視化することでデザイン面でも効果的なアプローチでした。数ミリも無駄にしないために、メカニズム全体と針を固定するシステムをテンプ自体の中に収めることで、結果的に時・分表示はAltiplanoコレクションの象徴的なデザインに完全に調和するオフセンター表示となったのです。さらにその象徴的なデザインを引き立てるのが、輪列の完全なる可視化です。こうすることで、このラグジュアリーウォッチを持つ人は、この究極にスマートで、技術的にも洗練されたメカニズムの世界に浸ることができるのです。この時計のように実に限られたスペースに技術を集約するために、ピアジェは、通常は地板側に固定される香箱を、文字盤側のひとつの受けに配する方法を考案しました。この非凡な装置による、メカニズムのパフォーマンスに対しての弊害はなく、むしろ極薄ウォッチAltiplano 38mm 900Pは、約48時間という十分なパワーリザーブを実現しています。

ホワイトゴールド製極薄機械式ウォッチ - ピアジェの高級時計 G0A39112
ホワイトゴールド製極薄機械式ウォッチ - ピアジェの高級時計 G0A39112
製品タイプ:
ウォッチ
メタル:
ホワイトゴールド
メタル重量(g):
30.86
ストラップの種類:
アリゲーター
ストラップの色:
ブラック
ストラップ バックル:
アルディロン バックル
ケースの形:
ラウンド型
ケース径:
38 mm
ケースの厚さ:
3.65 mm
文字盤の色:
グレー
文字盤の仕上げ:
宝石のセッティング
インデックス:
バトン針
防水性:
02気圧
ムーブメント:
手巻機械式

ピアジェのラグジュアリーウォッチとジュエリーは個別に製作されていますので、各製品の重量とカラットは表示されているデータと異なることがあります。

900P極薄機械式ムーブメント - ピアジェのラグジュアリーウォッチ

ムーブメント 900P

機械式タイプ:
手巻機械式
フォルム:
ラウンド型
機能:
10時位置にオフセンターの時間および分表示
技術的特徴:
ピアジェのシグネチャーとして、「P」の文字の緩急装置
パワーリザーブ(時間):
48
振動数(回/時):
21,600
振動数(Hz):
3
直径 (mm):
38
石 数:
20
厚さ (mm):
3.65
部品数:
145
仕上げ:
サンレイまたはサーキュラーパターンのサテン仕上げを施した歯車, サンレイサテン仕上げを施した受け, サーキュラー サテン仕上げを施した背面, 面取り加工の施された受け
詳細を見る

「PIAGET ALTIPLANO」 900Pのミニサイトを見る

詳細を見る

Piaget Altiplano 900P ウォッチ