メゾン ピアジェ

ムーブメント

社内で培われた時計製造の技術

ピアジェは、独自ムーブメントの設計・開発・製造を自社で担う稀有な時計ブランドのひとつです。 自社の時計を製造するよりずっと前の1874年に設立された会社は、そのキャリバーで確固たる評判をすでに築いていました。 ピアジェはたゆまぬ革新と強化という使命を追い続け、極薄ムーブメントの開発は、メゾンの卓越性を示す分野となりました。 マニュファクチュールは、最も象徴的な時計製造の複雑性を独自に解釈し、オリジナルの複雑機構を制作していきました。 卓越性の追求と新しいキャリバーの開発は、革新に対する卓越した社内の能力を表すものです。 ピアジェならではの極薄の偉業と、最薄の複雑機構のクリエイティブな表現は、ムーブメント製造の伝統の絶頂期に、メゾンの存在感を確立しました。