Piaget Society

第120回パレルモ・オープン2013

ピアジェ・エレルスティーナ・ポロチームがパレルモで勝利

エレルスティーナ・ピアジェ (23) vs. シャパルフ (14)

パレルモの競技場第2アリーナを見下ろす巨大な観客席には、シャパルフの伝説の復活を見ようと多くの観客が集まりました。試合開始直後はシャパルフが優位に立ち、第1チャッカーは2対1のリードで終えるのですが、シャパルフにとって、前回覇者エレルスティーナ・ピアジェとのそのオープニングゲームは厳しいものとなりました。

粘り強いシャパルフのファンの希望は、瞬く間に消え去ります。果敢に攻めるエレルスティーナが第2チャッカーで5連続ゴールを決め、シャパルフにその後ゴールのチャンスを与えません。結局ののチャッカーは6対3とエレルスティーナのリードで終わります。

それ以降試合は、前大会の覇者であるエレルスティーナが完全に主導権を握ります。得点を縮めようとするシャパルフの反撃にも負けず、エレルスティーナは、競走馬を巧みに操り、試合を完全に掌握してしまうのです。12ゴール、ペナルティーショット7のファクンド・ピエルスが率いるエレルスティーナ・ピアジェは、初戦突破という重要な勝利を収め、チームのタイトル保持の第一歩を踏み出しました。

エレルスティーナ・ピアジェのスコア: 1-2, 6-2, 8-3, 11-5, 14-8, 18-11, 19-12, 23-14.

スコア:
エレルスティーナ・ピアジェ: Facundo Pieres 12点(ペナルティショット7点)、Gonzalo Pieres Jr. 3点、Mariano Aguerre 4点、Nicolás Pieres 4点

シャパルフ: Alberto Heguy Jr. 4点、Francisco Elizalde 7点、Bautista Heguy 1点、Eduardo Heguy 8点(ペナルティショット6点)

エレルスティーナ・ピアジェ決勝へ

エレルスティーナ・ピアジェ決勝へ — ピアジェ ニュース&イベント

優れたエレルスティーナは、第1チャッカーで早くも3対1のリードを取り優位に見えましたが、ラ・ナティヴィダードも反撃を見せました。

第120回HSBCハーリンガム・オープン

第120回ハーリンガム・ポロ・オープン - ピアジェ ニュース&イベント

ブエノスアイレスのハーリンガム・クラブで開かれたハーリンガム・オープン第1ラウンドで、エレルスティーナ・ピアジェが17対12でマグアルを下しました。