極薄

エレガントさの追求

極薄はメゾンのDNAであり歴史を物語ります。1950年代、ピアジェは今までにないほど薄く、革新的で新しいムーブメント製作に挑戦し、それによって1957年に誕生したのが、キャリバー「9P」です。厚さわずか2mmのこのキャリバーは、性能、傑出した信頼性から世界的に支持されました。


それから60年の間に、極薄を象徴する「Altiplano」コレクションには、手巻、自動巻、クロノグラフ、トゥールビヨンなどの画期的な極薄キャリバーが誕生し続けています。このような革新的なキャリバーを収めるための素材として、メゾンはゴールドとプラチナという最高級の素材のみを選択してきました。時を超越したエレガンスに満ちた「Altiplano」のケースと完全に調和する、シングルとダブルインデックスが交互に配された文字盤、バトン型の針がこのシンプルなデザインを引き立てています。


無駄を一切削ぎ落とした極薄時計は、究極のエレガンスを追求する人々を直ちに魅了しました。たとえば、1960年代序盤、フランス人俳優でその時代のスタイルアイコンだったアラン・ドロンはピアジェの極薄ウォッチを選択し、そして、現代もなお、「Altiplano」はインターナショナルアンバサダーを務めるライアン・レイノルズの手元を飾っています。

Piaget Altiplano極薄ムーブメント時計