メゾン ピアジェ

910Pムーブメント

910Pピアジェ自社製極薄自動巻ムーブメント。ブラックPVD加工された22Kゴールド製ペリフェラルローター。世界最薄の自動巻ウォッチに搭載されているキャリバー910Pは、3年の開発期間を経て誕生し、キャリバー900Pで誕生した革新的なデザインを備えています。外部パーツをムーブメントに一体化させ、わずか4.30 mmという新たな極薄の記録を打ち立てたこのタイムピースは、ケースが219個の部品を固定する地板の役割を担っています。この複雑な構造を実現可能としたのは、ムーブメントの構造を反転させたことにあります。文字盤側に受けを配置し、そのひとつに香箱を配しました。50時間のパサーリザーブを提供し、10時位置にはオフセンターで時・分を表示します。この極薄ムーブメント全体と針を固定するシステムはテンプの中に収め、ブラックPVD加工が施されたゴールド製ローターも、空間を最大限活用するためにオフセンターに配置しました。また、すべての部品の仕上げは、サーキュラーパターンのサテン仕上げの地板、サンレイサテン仕上げの面取りした受け、サンレイまたはサーキュラーパターンのサテン仕上げされた歯車、ブラックPVD加工を施したスクリューなど、時計製造の純然たる伝統に基づいて施されています。この極薄の傑作を飾る最後の仕上げとして、緩急装置には« P »の文字が刻印されています。

極薄ムーブメント